ウェブ進化論を読んで

 ウェブ進化論(梅田望夫)によると、グーグルのミッションは、「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないステムは全てグーグルで作ろう」というものらしい。
で、そのグーグルのサービスの一つであるG-Mailは、「個々人の電子メールの内容を自動的に判断し、最適な広告へのリンクを電子メールに忍ばせる」というビジネスなのだそうだ。これは、「作業は全部コンピュータが自動的にやるんです。そのプロセスには人間は関与させません。だからプライバシー侵害の危険はないのです」ということらしい。

 で、ふと思いついたこと。
 将来、ターミネーターに出てきた「スカイネット」が本当に開発されてしまうとしたら、それはきっとグーグルの手で、に違いない。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック