ホークスにかけられた呪いの正体

 福岡ソフトバンク・ホークスが4年連続でプレーオフ敗退しました。まあ、今回はリーグ3位での出場だったので、順当といえば順当な敗退ではありますが、プレーオフ導入後4年間で、4回ともプレーオフに出場し、うち2回はリーグ優勝してプレーオフに挑んでいるにもかかわらず敗退しているわけです。さらに言うなら、過去4回のプレーオフに出場したことのあるチーム(ホークス、ライオンズ、マリーンズ、ファイターズ)で、プレーオフを制覇していないのはホークスだけです。
 どうしてこういうことになってしまったのでしょうか?

 ボストン・レッドソックスは、ベーブ・ルースを放出して以来86年間優勝できず、これは「バンビーノの呪い」のせいだと言われていました。そういえば、ホークスが優勝できなくなった2004年に井口資仁がメジャーに移籍していますね。で、井口の移籍先のホワイトソックスはすぐに優勝。今年、井口を放出したホワイトソックスはプレーオフ進出を逃し、代わりに井口を獲得したフィリーズがプレーオフに進出しました。

 と、いうわけで、ホークスが優勝できないのは「井口資仁の呪い」のせいなのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック